2010年05月06日

ローマ時代の子供の日記

欧州ならではのネタだと思いましたが、

学校にローマ時代の子供の書いた日記が英語に翻訳されて壁に飾ってあるそうです。いつの時代も子供の考えることは同じで安心しました。
-------------------------------------------------
僕はxxxxというプライマリースクールに行っています。
マーケットのある日は外がうるさくなるので、学校はお休みです。
学校がお休みの時には、友達とお風呂に入りに行きます。
(子供は無料)
それから、お母さんに少しのお金をもらって友達とコロシアムにChariotを見にいきます。

Gradiatorを見にいくのを楽しみにしていますが、お母さんはダメだといいます。
お母さんは最近流行っているカソリックという宗教にはまっていて、
カソリックの中では、人を殺すのはいけないことだということらしいです。




posted by q at 04:41| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148875406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。