2011年07月07日

借り暮らしのアリエッティ French Version

借り暮らしのアリエッティ見ました。本編もまぁまぁかわいくてよかったけど、エンディングに挿入されていた曲と歌手がよかった。Cécile Corbel Kelticハープ奏者なんですね。なじみのある旋律だと思いました。 

この曲もなかなかいい。
In the sea there is a tower In the tower window In the window is a child That sailors love. The stars of heaven, One and one makes two. Give me your hand dove To upload to your nest Cursed to sleep alone come to sleep with you If the sea was milk The boats with cinnamon I would fish the pain With palabrillas love.
Ladino Language which is a Jewish/Spanish dialect. The liryc original from the Zohar story.
posted by q at 03:54| カイロ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チラ見した限りでは昔のジブリ作品っぽくて
面白そうだと思いました^^
Posted by みずき at 2011年07月10日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。